田んぼにあるミステリーサークル、2020年秋 米不作 うんか ウンカ 調べました。

みなさんこんにちは! コウジです。

みなさんの自宅の周り、通勤中や外出中に稲が育った田んぼの風景を見たことは

ありますでしょうか。

そして、そこにミステリーサークルのようなものがあるのを見たことがあるでしょうか。

お米を作っている田んぼの中央部が窪んでいたり、稲が倒れていたりしています。

収穫前なのですが、稲が茶色くなり、倒れてしまっています。

この原因が、ウンカ

あまり聴き慣れない言葉ではありますが、イネの害虫です。

ベトナムや東南アジアから飛んできているそうです。

https://www.google.com/search?q=%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%82%AB&sxsrf=ALeKk00N4DvIkuLXP37LqpGl1weraS_nag:1602401619411&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=2ahUKEwjtxL-ag6zsAhUNZt4KHTilAh4Q_AUoAXoECBsQAw&biw=1383&bih=690&dpr=2

田んぼの ミステリーサークルは 壺枯れ と言われています。

https://www.cp.syngenta.co.jp/cp/columns/view/unka_knowledge/

ツイッターでみた画像ですが、この画像で西日本全域が今年被害にあっており、

瀬戸内が大被害、それから愛知県、静岡県まで多くの地域で被害が出ています。

歴史を見ると今までに何度か日本国内でも被害が出ており、

江戸時代の大飢饉にもあり、数年に一度発生していました。

この写真は京都で撮影しましたが、父はこの30年間で

一度も見たことがないと言っていました。

TWITTERでは、収穫量が前年度の1/3になったなどの情報もありました。

来年は是非とも無くなって欲しいです。

それでは本日もありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする