初めましてのコウジです その②

前回に引き続き、読んでいただいてありがとうございます。

今回は、

1, 大学へ入学

2, 大学での学習

3,弁論大会

4,留学〜帰国〜現在  という順番で記載しました。

大学へ入学

京都外国語大学入学ブラジルポルトガル語学科に入学しました。

https://www.kufs.ac.jp/

新しい友達、バイトも始め、サークルに入ったり、車の免許を取ったり

忙しい日を過ごしていましたが、勉強は疎かになり、飲み会、遊びを優先していましたね。

そんな中、ブラジルポルトガル語研究会に入りました。

気持ちとしては、このサークルに入れば、単位を落とさない、と聞いたのと、

こういうサークルに入ればいやでも勉強するかな と。

毎日授業がありますが、勉強はそこまでやる気になりませんでした。

それでも最低限は勉強していました。

um dois tres quatro cinco seis sete oito nove dez

ポルトガルでは、 ウン ドイシュ トレシュ クアトロ スィンコ セイシュ セッティ..

ブラジルでは、 ウン ドイス トレス クアトロ シンコ セイス セッチ….

教授 ただ地域によって発音は違います

僕 「えええええ!?!?!?!?!?!どうやって勉強するん、どのこ言葉を勉強するん?!?!??!」

こんな混乱をしました。これから勉強を始めようと思っている人も同じように思っているのではないでしょうか。

そしてこういうことも続きながらとりあえず勉強し、9月ごろこんなお知らせがありました。

「2010年2月 ポルトガルセミナー 参加者募集」

よくよく話を聞いてみると、ポルトガルにあるコインブラ大学でホームステイをしながらポルトガル語を1ヶ月間勉強するということであった。

速攻で参加を決めた!!

そして2010.2月から3月までの一月間ポルトガルでの短期留学が始まりました。

もちろん全然わからず、全く理解できず、あっという間に終わりましたが、

友達ができて、もっと勉強しようと心にがつきました。

帰国してから授業は一生懸命にがんばりました。

そして10月に

全国学生ポルトガル語弁論大会

というのがありなんと賞品が、

①ポルトガルへの1年間往復航空券

②ポルトガルでの大学の一年間の授業料免除

③ポルトガルでの8ヶ月間の生活費支給

なんだこの最高の賞品だったので、参加を決めました。

参加→下から3番目で何ももらえずめちゃめちゃ悔しくて、

そのあとの懇談会で賞を取った人がチヤホヤされていたのを見て

めちゃくちゃさらに悔しくて来年こそ!!!!! とさらに燃えました!!!

それから一年後の同大会に参加しなんと 2位!!!!

一年間の努力とこれからの一年間の人生が変わったことに

会場で大きく、よっしゃ!!と叫んだのを覚えています。

それから、一年後に出発、一年間の留学生活、帰国後大学卒業と言うような形で

大学生活を5年かけて終えました。 とても有意義だったと振り返ってもそう思います。

大学卒業から社会人に

それから、就職し転職し、現在に至ります。

2018年に広島県で仕事をしているときに今の妻と出会い、

結婚し、ブラジルへ3ヶ月行き、帰国し別の会社に就職し

現在のポルトガル語を使う仕事をしています。

なので、僕は、ポルトガルのポルトガル語、ブラジルのポルトガル語と

両方ある程度知識があると思っています。

勉強してみたいなとおもう方がいましたら、一緒に頑張りましょう。

丁寧に、わかりやすい説明を意識して行こうと思います。

さらに詳細は後日投稿していこうと思っていますので、

よろしくお願いいたします。

===============まとめ=============

① 1回生 ポルトガルへの一ヶ月セミナーへ参加し勉強する気アップ

② 2回生 全日本学生ポルトガル語弁論大会へ参加 結果悪く悔しさでやる気アップ

③ 3回生 再度全日本学生ポルトガル語弁論大会へ参加 2位入賞で賞品獲得

④ 4回生 ポルトガルへ留学 一年留年し大学卒業

⑤ 社会人の間にブラジルへ旅行 2回

⑥ ブラジル人の嫁と出会い結婚 ブラジルで3ヶ月生活後帰国

⑦ ポルトガル語、ブラジル人と接する会社へ就職 現在愛知県に居住

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする