ポルトガル1ヶ月セミナー その①

BOA TARDE!! OBRIGADO POR LER ESTE ARTIGO HOJE!!

みなさんこんにちは、コウジです。

ポルトガル一ヶ月セミナー

海外セミナーの感想

今日は自己紹介でもあった「ポルトガル1ヶ月セミナー」について

お話したいと思います。

もう10年前の話なので、少し思い出しながら話そうと思います。

今の社会状況で実行されているかわからないので、大学のHPで確認してみました。

https://www.kufs.ac.jp/interchange/seminars.html

2020年の分は募集していますが、実行されたかは微妙ですね。。

募集要項はあまり変更ありませんが、費用が僕の時は、25万円ぐらいだったので、

少し高くなっていますね。笑

スケジュールは、9月頃に募集、2月に出発までに 2~3回説明会があったかと思います。

クラスでは参加する、しないで持ちきりでしたね。

僕は、ブラジルポルトガル語研究会に入っていたのもあって、先輩に聞いてみたら

みんな行ってました。毎日クラブに行って踊って遊んで、酒飲んで、また行きたいわって

行ってたので、その時点で僕の頭の中ではキラキラ✨していました。

渡航費が25万円程度で、その他、お土産、日々のお菓子買ったりビールを飲むお小遣いは

各自だったので、贅沢するためにすぐバイトをはじめました。

いざ 2月の出発の時、10時ごろの関西空港発なので、6時頃には家を出た気がします。

飛行機で寝よう♪って前日は徹夜で行きました!!

関西空港→12時間→ドイツ ルフトハンザ→乗り換え 3時間 → リスボン到着!!

人生初 PORTUGAL プルトゥガル

https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%83%9D%E3%83%AB%E3%83%88%E3%82%AC%E3%83%AB+%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%9C%E3%83%B3/@38.7437396,-9.2302435,12z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0xd19331a61e4f33b:0x400ebbde49036d0!8m2!3d38.7222524!4d-9.1393366?hl=ja

前日寝れず、なんと飛行機でも寝れず、ドイツについた頃はボロボロでした笑

友達がドイツのビール飲もうぜ と言うことでみんなで飲みましたが、ビールとソーセージ

でドイツ感を味わいながら楽しみましたが、苦かったな〜というのを覚えています。

そしてビールが効いたのかドイツ→ポルトガル線では熟睡できました^^

到着後は、ホテルへ直行し、やっと風呂に入れることが嬉しくて全身洗い切りました!!

翌朝は、首都リスボンから大学のあるコインブラへ移動です。

https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%83%9D%E3%83%AB%E3%83%88%E3%82%AC%E3%83%AB+%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%A9/@40.2288699,-8.4863146,12z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0xd22f9144aacd16d:0x634564477b42a6b9!8m2!3d40.2033145!4d-8.4102573?hl=ja

バスで約2時間ほど。日本と違う景色が広がりとてもキラキラ、10時ごろの強い日差しが

目に染みました。そして睡魔にも襲われまくりです。

大学の前にあるドンデニス広場につくとホストファミリーが待っていてくれました。

そこで各自お世話になるところへ行き、バンで家まで送ってもらいました。

確かこのあたり、住宅地で可愛くお洒落なところでした。

その時、ここから大学まで毎日歩いて行くと30分しかも、全て石畳で、上り道とは

車からは知るはずもなかった💦 冬でよかった—–!!!!!

https://www.google.co.jp/maps/place/R.+Chaimite+2,+3030-074+Coimbra,+%E3%83%9D%E3%83%AB%E3%83%88%E3%82%AC%E3%83%AB/@40.1984936,-8.4093224,163m/data=!3m2!1e3!4b1!4m5!3m4!1s0xd22f99ac1e9ac49:0x936394e2e51d8e97!8m2!3d40.1984929!4d-8.4087752?hl=ja

そして翌日から授業があるので、本日は家でゆっくりで終わりました。

それでは、その②に続きます。

今回もご覧いただきありがとうございます。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする