初めましてのコウジです

サイト訪問ありがとうございます! 

今回初めての方に自己紹介をしようと思います。 皆さん初めてですよね, 笑,

皆さんの周りに コウジ という名前の方はいますか?

僕の身近な知り合いではいませんでした。

自己紹介

トップページにも記載していますが、生まれは京都です! // ☆//★

両親も純日本人です

京都で生まれ育ち 25年間京都府の住民でした。現在は愛知県民です^^

そしてこのサイトはポルトガル語に関して投稿していこうと思っています

そこで、僕がなぜポルトガル語に熱をあげ、日常会話までできるようになったかを

お話します。

大学のオープンキャンパスに参加

高校生のころ大学で何を勉強しようか考えた時期はありませんか?

その時に、経済や理系はちょっとな〜、デザイン、コンピュータグラフィックもな〜

とあまりやりたいことも見つからず、とりあえず オープンキャンパス行きまくろう!!

とだけ決めて、20校ほど行きました。その中に地元の京都外国語大学と言うのがあり、

これが出会いになるのです。

午前中に英米語学科、スペイン語、フランス語学科とミニ授業を周り、午後は何をしようかな〜と思ってフラフラ校内を歩いていると、

イカツイ、ゴツイ、金髪で、サングラスをかけたおっちゃんに声をかけられました!?!?!?!??!?!

めちゃくちゃ焦って、ドキドキしました!!!笑

確か そこでの会話はこんな感じ

その人 「コッチキナサイ」

僕 ドキドキしながら「!!!!!!えええええええ!!!! 」と心の中で思いつつついていく僕

ドキドキしながらついていくと小さな部屋にたどり着きました。

入り口には「ブラジルポルトガル語模擬授業」と書いてありました。

僕「この人先生か💦 いかつい先生や」と思いながら、

2人っきりで、マンツーマンで授業が始まりましたw

ナニ コレwwww

その先生から紙を一枚渡され、それを一緒に読んでいこうと言うものでした。

そこには、アルファベットで文章が書いてあり、絵を見るとアイサツをしている様子

僕は、ローマ字読みで、

「ぼ・・・ん・・じ・・あ・・ つ・・ど・・べむ・・」

「ベむ・・お・・・ぶ:りがど」

今となっては短い文章ですが、当時はめちゃくちゃ時間がかかりなんとかああって

感じでした。

それなのに先生は「あなた、ジョウズ、ワタシノセイト、ニュウガクキマリ」褒めてくれた笑

と言われ爆笑し、一気に緊張がほぐれました。

模擬授業は、確か40分でこれだけで半分は過ぎていました。

あとはブラジルのビデオをみました。

そこには、ブラジルといえば!!!!の

サッカー、綺麗なビーチ、リオのカーニバル、カポエイラ、自然、動物がまとめられた内容

だったともいます。

ただ、そこで

おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ってなったのが、

ブラジル人のセクシーなダンス

それにはまりました笑

ポルトガル語を勉強しようとした理由

この時心の隅っこで、ポルトガル語勉強しようと思いました。

でもこれを理由に大学に行きたいなんて親には言えません! ので理由を考えました!!

①入学が2009年で卒業が2013年予定で、2016年にリオデジャネイロでオリンピックが予定

されていたので、それにむけて通訳、翻訳の勉強をする。

②ブラジルは農業大国で、ブラジルの農作物 大豆を輸入する=大豆から豆腐などができる

日本の食文化を支える

③ ブラジルに赴任になったら遊びに来てな

上記の理由でOK出ました!

これが、ポルトガル語を勉強しようとなったきっかけです。

ま と め

A) 高校の時に京都外国語大学のオープンキャンパスに参加し、ポルトガル語と出会う。

B) ブラジル人先生とのマンツーマン指導とビデオで気に入った。

C) 卒業時にリオデジャネイロのオリンピックがあるので、ブラジル経済が盛り上がっていた

簡単に言うとこのような流れで決まりました。単純ですが運命です。

次回は大学時代の話をしたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする